心身ともに疲れたら四国遍路をしてみよう!

レディ

エリア毎に個性があります

ホテル

各エリアの特徴を知ろう

栃木県は北関東エリアの中でも有数の経済の中心地と観光スポットを持つ都市です。その栃木県は大きく分けて3つに分類する事が出来る様になっており、経済の中心地となっている県央、埼玉県よりの県南、そして、東北寄りの県北エリアに分ける事が出来ます。県央エリアは地元、栃木県の地場の企業や大手企業の支社、営業拠点があるなど出張で訪れる人が多いのが特徴です。また、県内最大の都市である宇都宮市はご当地グルメとして餃子が人気の街となっており、餃子を目当てに宇都宮に訪れると言う観光客も少なくない状況です。県南エリアに関しては県央エリアと比べると住宅街としての性格が強い傾向にあり、観光で同エリアを訪れる人の割合は県央エリア程高くはありません。一方、県北エリアは那須や日光など国内有数の観光名所、避暑地として人気のエリアとなっている事から県内外から多くの観光客が訪れるエリアとなっており、近年は外国人観光客も多い状況です。この様に各エリア毎に訪れる人の傾向が分かれているのが特徴となっており、訪問者を受け入れるホテルの数やバリエーションにも違いがあります。例えば、県央エリアのホテルは出張客や観光客が気軽に宿泊出来るスタンダードなビジネスホテルから婚礼などでも利用が出来る高級ホテルまで多種多様に揃っています。県南エリアになるとビジネスホテルが中心と言う点は県央エリアと変わりはありませんが、駅前立地のホテルではなく、ロードサイド沿いのホテルなどが多いのもエリア特性として現れます。そして、県北エリアは温泉旅館タイプのものやコテージタイプのものなど観光地ならではのホテルや旅館が充実している傾向です。この様に栃木県内のホテルはエリアによって数や設備に差があるので、ホテル選びの際には注意しましょう。